So-net無料ブログ作成
検索選択
横山秀夫 ブログトップ

『深追い』 [横山秀夫]

『深追い』/横山秀夫 実業之日本社


深追い

のっている旬のベストセラー作家の力をまざまざとみせつけられる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『第三の時効』 [横山秀夫]

『第三の時効』/横山秀夫
集英社文庫


第三の時効

短編の『動機』に感動し、『半落ち』を読み、
ひさびさに読む横山秀夫である。

基本的にアマノジャクなので、『半落ち』がブレイクした
あとしばらく横山秀夫を手にしなかったのと、
(先にブレイクしてたらたぶん読んでいないと思う(^◇^;)
『半落ち』を読んで、やはりこの作家は短編の方が
断然力を発揮するように思えたからだった。

『動機』を初めて読んだ衝撃には劣るが、やはり
この人の短編は面白い。

言うまでもなく今作集も警察内部に精通した彼らしい
切り口で様々な事件が描かれる。
この短編集では、警察の第一班〜第三班の間のややこしい
人間関係が終始一貫したアイテムとして物語を彩る。

新幹線での日帰り出張という、願ってもない機会に
早読み&活字中毒&乗り物でなかなか寝れない
の三重苦を抱いたおいらは、スポーツ新聞2誌と写真週刊誌2冊、
週刊プレイボーイと週刊現代に駅弁、という
最強オヤジセットとともにこの短編集を持ち込んだ。
(片道分です)

短編一作読み終わって、しばらく余韻にふける、、、という
形でインターバルをとりながら、行きと帰りに分けて半分ずつ読み終えました。

表題作の『第三の時効』がズバぬけてよかったです。
血なまぐさい事件を乾いた文体で描きながら
キチンと体温と汗の匂いも感じさせる。
そしてラストに2転3転する結末。

流石です。

『ペルソナの微笑み』もよかった。

こういう風に、ただ犯人を、、事件を追いつめるだけでなく、
その裏にある切なさや、やるせない想い。
そしてそれが決して、絵空事ではなく、現実にあるんだと
思わせるリアリティ。

『クライマーズ・ハイ』とかも売れてるんやよなぁ・・・。
読もうかなぁ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
横山秀夫 ブログトップ
メッセージを送る