So-net無料ブログ作成
検索選択

『マリー・アントワネットに別れを告げて』 [フランス映画]


マリー・アントワネットに別れをつげて [DVD]









『マリー・アントワネットに別れを告げて』
LES ADIEUX A LA REINE/FAREWELL, MY QUEEN



2012年(仏)


監督:ブノワ・ジャコ
出演:レア・セドゥ/ダイアン・クルーガー(マリー・アントワネット)
フランスでフェミナ賞に輝いたベストセラー小説を映画化。
******************************
1789年7月14日、いつもと変わらぬ優雅な朝を迎えたはずのヴェルサイユが
1枚の紙に震える。
フランス革命勃発のきっかけとなる、バスティーユが陥落し、
王妃マリー・アントワネット(ダイアン・クルーガー)とその寵愛を受ける
ポリニャック夫人(ビルジニー・ルドワイヤン)の名前も載った286人の
ギロチンリストが発表されのだ。
朗読係のシドニー(レア・セドゥ)は心酔する王妃への忠誠を誓うが、
王妃から思いもよらなぬ頼みを命ぜられる。
******************************

フランス革命をマリー・アントワネットの朗読係を務めた少女の視点から観る。
ヴェルサイユ宮殿、歴史の裏側を一風違った視線からみれるのだ。

マリー・アントワネット、、、プチ・トリアノン、、、ポリニャック夫人、、、
幾度となく読み返した「ベルサイユのばら」でおなじみの名前。

革命の始まりを告げるバルチーユ陥落を先導するのはオスカルとアンドレ。
なぜだか実在しないオスカルの存在を感じるのは相当影響されていると
いえばいいのか、池田先生の筆力によるものなのか。


アントワネット役のダイヤン・クルーガがとてもいいです。
「ベルばら」以外は比較的、“ばか王妃”として扱われることの多い・・
というかそれが本当なのかもしれませんが、今作では実に美しく
気高く、まさに王室の輝きを独占するべく生まれた女性であろうかと思わせる。

フランス革命を扱ったものながら、地味な映画な印象をうけるのは
革命そのものがテーマではないからでしょう。

終わり方もいかにもフランス映画らしいですが
終始、凛とした空気が張りつめ、報われないもの、狂いだすもの
様々な表情をみせる「愛」に囚われます。


そういえば・・・



『ベルサイユのばら』

新刊が出たんだってね。


読みたい^^

★★★★☆

nice!(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

メッセージを送る