So-net無料ブログ作成
検索選択

『てふてふ荘へようこそ』 [ヒューマン]


てふてふ荘へようこそ (角川文庫)



『てふてふ荘へようこそ』/乾ルカ

角川文庫・角川文庫Kindle版


“妖アパ”(妖怪アパートの幽雅な日常)を8巻まで一気読み、、
文庫ではすでに9が出てるはずやのにkindle版で出ない・・・。
同じ香月日輪の『僕とおじいちゃんの魔法の塔』というのも買ったけれど
読む気になれず・・・。

下のおすすめ欄にいたこの作品を買ってみた。


********************************************
敷金礼金なし、家賃はわずか月一万三千円、最初の一ヶ月は家賃をいただきません。
破格の条件に隠された理由とは……。
特異な事情を抱えた6人の住人たちが出会った奇跡。切なくもあったかい、
おんぼろアパート物語。
********************************************

なんだかあとで調べてみるとドラマ化されてるみたい??
聞いたことないけど。。

ちょっと訳あり・・・というか、それぞれ問題を抱えた住人たちと
そこに居座るかたたちとの、、なんというかほんわかしたお話ですね。

連作短編の、最後の「オチ」はもう少しなんとかなったんじゃないかと
思う自分はやっぱり天の邪鬼?
ひねくれ者なんだかな。

漫画の『ONE PEACE』で「泣けない」と言ったところ
「人間の心があるのか」みたいに言われましたが・・・。
どうにも「ここが泣き所です。さあ泣きなさい」みたいな展開が
あざとくて、ひいてしまう。
コマが大きくなった画面一杯にキャラの顔が描かれてあり得ないような
滝涙を流し・・・


話がそれました(笑)


ひとは

つまずく。立ち止まる。
いろんなミスを犯すし、なかにはとりかえしのつかないこともある。

そのことに正面からきちんとむかいあうこと。

立ち止まってもいい、また歩き出せばいいんだって、



わかる。


そして


いつかはカエる。






★★★☆☆

nice!(0) 

nice! 0

メッセージを送る